「腓腹筋断裂」について

今回は、この冬にも多い

「ふくらはぎの肉離れ」についてをさせて頂きます。


まずは「肉離れ」の説明を致しします。


筋肉は細い筋肉線維の束がたくさん集まって

太い筋肉になっているのですが

肉離れとは

「細い筋肉線維束を包んでいる膜やその中の筋肉繊維の一部分、または大部分が切れた(断裂)した状態」

の事です。


ふくらはぎの内側と外側の浅い部分にある腓腹筋は

膝を伸ばし、足首を上に屈曲すると、すごく緊張します。
 




肉離れは全力疾走、ダッシュ、ジャンプなど

筋肉に急激で強い収縮や緊張が

加わる動作によって起こり

特にテニスで 、サービス直後にダッシュをした時に発生する事が多いので

ふくらはぎの肉離れの事を、「テニスレッグ」と呼んでいます。


このケガの発生時に於いては

「他のコートから飛んできたボールがふくらはぎに当たった!」

などと、自分ではなく

他人によってケガをされたと表現する人も多いです。


症状としては

①ふくらはぎの中間より内側に圧痛があり、腫れと共に凹んでいる。

②片足で地面を蹴る事や爪先立ちができない

③足の裏を地面について立つ事は可能。

などが特徴的です。


治療では、初期は患部をアイシングし

軽症であればテーピングにて

重傷であれば副子で固定し

場合によっては、松葉杖歩行をしてもらいます。


その後、患部の状態変化により温熱療法にしたり

ストレッチの指導をしたりしていきますが

肉離れの内出血と腫れは

その後に筋肉の異常な固さとして、残存する恐れがあり

我々柔道整復師の手技療法が重要

になってくるのであります。


ところで肉離れは

中高年の筋肉の柔軟性・持久性の低下が最大の原因であり

競技前後の体操やストレッチなどは必須であります。




当院の患者様に於かれては

10代の頃に、当競技でそこそこ活躍された方が

その20~30年後、昔のイメージでやってしまう事で

「ブチッ!!」となる事が多いです。


気が若いのはとっても大事な事ですが

やはり競技を続けていくに当たっては

己の現体力を自覚する事も

また必要なのではないかと

おせっかいながら思うのであります。


特にこの寒い時期

ビーチバレーなど、室内競技をされておられる方は

十分体をほぐしてから、競技を楽しんで下さいませ。


*参考文献

①「スポーツ外傷・障害Q&A」 小出清一 南江堂

②「アマチュアスポーツの外傷と障害」 阪本桂造 南山堂