休日急患から1ヶ月(手首のコーレス骨折)

 7月ラストの東京講義は土曜日だけでしたので、30日(土)終了後、深夜に帰宅しました。

 翌31日(日)の朝9時頃、家でくつろいでいましたら、急患の電話が入り、診させて頂きましたところ、右手首(コーレス)骨折でした。
 日曜という事で、医療機関もお休みであり、X線検査もできなかったため、自分の頭の中で骨折状態をイメージしながら整復・固定し、月曜朝一番のX線検査で整復成功を確認しました。(*といいますか…緊急を要する場合は、まずこちらで整復固定処置をする場合がほとんどです)
 手首の骨折は、多くの場合手術の必要がありません。また骨折自体、対応が遅くなるほど、当然治りも悪くなりますので、早い段階で処置ができて本当に良かったと思いました。

 あれから1ヶ月が経ちましたが、非常に経過が良好で、現在は固定副子を軽くし、固定範囲も縮小しております。来月からも引き続き、注意深く施術していきたいと思っております。
 今年は冬から継続的にこの骨折が多いので、十分気を付けて頂きたいです。

 また私自身、もうしばらく土日が不在になります。色んな方々に御迷惑をおかけしていますが、どうか御了承の程、よろしくお願い致します。

初診時(7月31日)の固定像
初診時(7月31日)の固定像
1ヶ月後(8月31日)の固定像
1ヶ月後(8月31日)の固定像