A猪木 対 S・チョチョシビリ(1989.4.24)

 新日がプロレス団体として初めて東京ドームで興行を行ったのは1989年4月24日の事でした。

 

 日米の他、ソ連から柔道家、アマレスラーを多数招聘し「89格闘衛星・闘強導夢」と銘打って、開催され53600人の大観衆が集まったのですが、当時21歳だった私も、大学生の分際ながら、「せっかくの記念だから」とバイトで貯めた3万円を奮発し、ロイヤルシート(だったか?)の席を購入したのであります。

 

 当大会のメイン・エベントは、日ソ異種格闘技戦として、A猪木対S・チョチョシビリの一戦が行われました。


 チョチョシビリはこの時、現役選手ではなかったものの、1972年のミュンヘン・オリンピックに於ける柔道男子・軽重量級の金メダリストであります。

 

 猪木にとってはスピンクス戦以来、2年半ぶりの異種格闘技戦となりました。


 しかも今回は、ノーロープ円形という特殊リングでの闘いです。

 

 13年前には、同じ柔道家のルスカに対しバックドロップ3連発で仕留めた猪木は、1Rから早くもその必殺技を繰り出し、試合を優勢に進めます。


 しかし2Rに入るや、チョチョシビリもお返しの裏投げを強烈に浴びせ、更に逆十字気味に、猪木の関節を極めました。


  寝技15秒の特別ルールに救われましたが、猪木の肘・側副靭帯はこれで破壊され、右腕が使えないまま、試合は続行です。

 

 その後は一方的に攻められながらも、何とか凌いだ猪木。

 

 しかし4Rまでが限界でした。



 5Rに入るや、裏投げ3連発をまともに食らってマットで大の字となり、屈辱の10カウントを聞いたのであります。

 

 とっても残念でした。

 

 しかし私の中では「この時点での猪木のあるべき姿」を見せてくれたような気がして、納得した部分も多かったのであります。