A猪木 対 ザ・モンスターマン(1977.8.2)

昭和52年8月2日、日本武道館に於いて、A猪木 対 「全米プロ空手世界ヘビー級王者」ザ・モンスターマンの一戦が行われました。


試合が始まると、猪木は蹴られ、膝を入れられ、また蹴られ、飛び蹴りを食らい、更に飛び蹴りを食らい、ダウン




絶体絶命の猪木が出した必殺技はT・ゴディや天龍よりずっとずっと早くに公開したパワーボムでした。

この一発で戦意喪失したモンスターマンに対し、とどめのギロチンを浴びせ、大逆転勝利したのであります。

ある意味、ウィリーよりもモンスターマンの方が猪木を苦しめたともいわれてますね。

パワーボムも元々狙ったのか、それとも、パイル・ドライバーを決めようとしてが、体制が崩れたのかは「謎かけ」ですけどね。