· 

猪木信者から見たババ・ザ・ワールド(7)

84グランド・チャンピオン・カーニバル



当シリーズで新設されたPWFタッグ王座決定リーグ戦が行われ

昭和59年4月25日、横浜文化体育館における

G馬場、D・F・ジュニア 対 S・ハンセン、B・ブロディ

の公式最終戦が、事実上の王座決定戦となりました。

前年春のリマッチ優勝、暮れの最強タッグ優勝

と、今や全日最強コンビと言っても過言ではない

超ミラクル・パワー・コンビはタイツを黒で統一


 

一方、対照的に馬場、ドリー組は

 


赤で揃えております。


そして、そのタイツ色が象徴しているかのように

試合が開始するや、日米正統派組が狂乱ファイトを展開し

鉄柱攻撃でブロディを流血させました。


そして、リング内に戻り

世界の王道・16文キックで王座奪取

…と言いたいところですが

何となんと

ハン、ブロのツームストン・パイル・ドライバーを食らい

場外転落し、更にハンセンのラリアットで完全ノックアウト


リング内ではドリーが孤軍奮闘し

ブロディにスピニング・トー・ホールドを仕掛けるも

ハンセンが乱入し、がら空きとなったドリーの首に

ラリアットをぶちかまします。


これでドリーも完全ノックアウト


完全勝利で超獣コンビが

初代王者に輝きました。


このコンビについては、各々が勝手にやってる感じで

「タッグとしてはハンセン、デビアス組がよかった」とか、

「ブロディ、スヌーカ組の方がいい連携だった」とか

今でもよく言われます。


しかし、私はやはり無敵のハンセン、ブロディ組が大好きでした。


少なくとも83年4月~この84年4月の1年間は

「プロレス界においては、記録にも記憶にも世界最強のタッグチームであった!」

と、断言したいです。

 

 

あと、敗れたG馬場は翌日の大宮大会を欠場

 

 

これによって、デビュー以来続いていた

 

連続試合出場が「3764」でストップしました。

 

 

何故、馬場が翌日の試合を休んだのか…

 

①本当に試合ができないほど、首のダメージがひどかったのか

 

②超獣コンビの技の威力を表現するため、敢えて休んだのか

 

③他に休まなければならない、別の用事があったのか

 

私は未だに謎ですね。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    塙 聴くお (日曜日, 04 9月 2022 14:41)

    本当に首が回らないほどダメージが大きかったと思う?

  • #2

    はなわ きくお (日曜日, 04 9月 2022 15:11)

    ブロディの額の傷はいつも真ん中ではない。

  • #3

    タカサキ (火曜日, 06 9月 2022 15:12)

    ダメージの程度は馬場自身しか分からない事ですね

    ブロディは噂によると「自傷行為」と言われてますので、偏るのかもしれません