· 

猪木信者から見たババ・ザ・ワールド(8)

1981年は、日本プロレス界にとって

一大転換期となりました。



新日本プロレスが5月に、全日からA・ブッチャーを引き抜けば

全日本プロレスは7月に、新日からT・J・シンを引き抜き返す

という、企業戦争が勃発したのです。



また当年は両団体にとって、創立10周年にも当たり


新日は10月8日に蔵前国技館で、10周年記念試合(第3弾)として


A猪木対R木村を始めとした


新日対国際軍の対抗戦を組んで、13000人・超満員の大観衆を集めれば

 

翌9日は、全日が同じく蔵前で


R・フレアー、B・ブロディ、D・F・ジュニア、T・ファンク、B・サンマルチノ、H・レイス、T・J・シン、M・マスカラス、J・スヌーカ、ザ・デストロイヤー・・・といった


超豪華外人レスラーを集結させて、記念興行を開催し

 

同じく13000人・超満員の大観衆を集めました。

 


特に全日は、何と当時のNWA王者・フレアーの他、ドリー、テリー、レイス


そして馬場と歴代の王者5人が勢揃いし


「果たしてメイン・エベントはどんなカードになるのか!?」


と、注目されたのですが


創立10周年記念タッグマッチとして


馬場はB・サンマルチノと夢のタッグを結成



この2人はほぼ同キャリアであり


若手時代からの親友でもあり、ライバルでもある間柄



10年前の旗揚げシリーズでは


世界ヘビータイトルの争奪戦を行った2人であり(*結果は1-1の引き分け)


まさに10周年にふさわしいチームです。

 

 

さて、相手チームはというと

何とあのT・J・シン、上田馬之助組



このメンバーの中では、ある意味で

10周年に一番ふさわしくないチームと言えます(笑)。


試合は大方の予想通り

 

4者入り乱れての乱闘からスタートしました

まずは凶悪コンビが2人がかりで馬場を苦しめると

 

すぐにサンマルチノが救出に来て

上田から竹刀を奪い、シンを滅多打ちにします。



さらには、シンにヒザ攻撃の乱打

 

 

いや、シンも負けじとクロー攻撃でお返し


サンマルチノとシンの攻防は

まさに「記念試合」ならでは!!


一方、「主役は俺だ!」とばかり、馬場もハッスルし

 

上田を2度も16文キックで吹っ飛ばしました。

そして、馬場が上田にコブラ・ツイストをかけると

 

サンマルチノがシンにベア・ハッグで搾り上げます

 

 

まさに歴史的共演でした。


その後、戦場は場外に移り

結局11分40秒、両軍リングアウトの裁定が下ったのです。

 

 

当時、私が住む富山県で「全日本プロレス中継」は放映されておらず

 

私がこの試合を観たのは

 

7年後ぐらい(*在京時)でしたが

 

一夜限りの超豪華・特番スペシャル」を見させてもらった気がして

 

決着は付かなかったとはいえ

 

なかなか面白い試合だったと思いました。

 

 

一方、当試合の前日行われたA猪木対R木村は

 

猪木がロープブレイクを無視し、反則負けとなったのです。



非常に不完全燃焼な内容と結果でした。

 

 

このシングルは、言ってみれば「連続ドラマシリーズの第一話」であり

 

「今日はここまでですよ。この続きは11月5日に予定されている第二話(再戦)を見てね」

 

と言われてる感があり

 

猪木信者の私でさえも

 

「この全日のタッグマッチの方が面白かった!」

 

というのが、当時から今も変わらぬ感想ですね。

 

 

◆新日本プロレス、1981年10月8日、蔵前国技館

・60分1本勝負

〇R木村(10分35秒、反則)A猪木

 

◆全日本プロレス、1981年10月9日、蔵前国技館

・60分1本勝負

G馬場、B・サンマルチノ(▲-▲)T・J・シン、上田馬之助

◎(11分40秒、両軍リングアウト)