· 

明るく、楽しく、時々胡散臭く(2)

1981年7月3日、全日プロ・81サマーアクションシリーズ開幕戦

 

 

熊谷市民体育館で行われているG馬場、J鶴田 対 B・ロビンソン、D・スレーター

 

のメインエベントの試合中に

ライバル団体の新日・A猪木の怨敵であったはずのT・J・シンが

 

私服姿でこん棒のようなもの(*後に会場にあったモップと判明)を持って

 

突如乱入し、会場を騒然とさせました。


そして翌4日、後楽園ホールに於いて

急遽、D・スレーターと一騎討ちを行ったのです。

「ケンカ番長」として、悪党退治はお手のもの

 


師匠・ファンクスの入場曲である

「スピニング・トー・ホールド」に乗って

まずスレーターが登場しました。

 

 

続いて、姿を現したシン

 

 

この日はしっかりとサーベルを持ち、コスチュームもお馴染みの姿



ただテーマ曲は「サーベルタイガー」ではなく、「吹けよ風、呼べよ嵐」であります。

(*テレビ放送では、実況の倉持アナの実況が「日本テレビが選曲した極悪レスラーのテーマである」と説明


まずは、スレーターの首を締め上げての御挨拶のシン

 

 

その状況で、非情にも

試合開始のゴングが鳴りました。


場外で出ても、凶器攻撃でシンが圧倒。


しかし負けじとスレーターは

エルボー・ドロップで反撃し

師匠譲りのスピニング・トー・ホールドにいこうとします。


この局面で、セコンドのB・ヒーナンが

サーベルを持って、乱入

 

 

これにより4分43秒、シンの反則負けとなったのでした。


更に場外で暴れるのを

見かねた鶴田が救出に来ますが

シンは鶴田をも、返り討ちにしたのであります。


さて、当時熱狂的な新日ファンだった私


我が富山県は当時、「全日中継」は放送されておらず

このシンの初試合を

リアルタイムで観る事はできなかったのですが

雑誌で見た時

「シン(と新日)との別れが、とても寂しく思った」のを

覚えていますね。

 

 

…と、言いますか

 

流れ的には、後楽園のカードは

 

スレーターとの一騎打ちではなく

 

シン、ヒーナン 対 馬場、鶴田が妥当だろう

 

と、今更ながら思います。

 

 

猪木信者からの恨み節でした~