猪木信者から見たババ・ザ・ワールド(11)

1985年2月5日、東京体育館に於いて

 

PWFヘビー級選手権

<王者>G馬場 対 <挑戦者>T・J・シン

の一戦が行われました。

フレッド・アトキンス道場出身の両者は

まずシンがヘッド・シザース

馬場が腕ひしぎ逆十字固めといった

グランドの展開を魅せます。


更に馬場は2年まえに上田の肩を破壊した

ジャンピング・アーム・ブリーカーを魅せますが

シンは急所攻撃、凶器攻撃

 

そして、コブラ・クローと

自分のペースに持ち込みました。


しかし脳天唐竹割りで反撃した馬場

パイル・ドライバーから

 

ジャイアント・コブラツイストで

14分40秒、シンがギブアップ

 

 

馬場がシンから初めて完全勝利したのです。


この2週間前の1月25日、新日では猪木がブッチャーを10分足らずで葬っており

 

馬場対シンのフィニッシュ・ホールドが

 

猪木の一昔前の得意技であるコブラツイストであったことから


馬場なりの「猪木に対するあてつけを含めた仕返しなんだろう」

 

と、ずっと思っていましたが…

 

 

猪木対ブッチャーの方が

 

馬場対シンのカード発表の後

 

唐突に決まったような記憶を思い出し

 

もし、そうなら逆に

 

シンの完全敗北の情報を入手した猪木が

 

「馬場に先を越されてはいかん」

 

とばかりに割り込んで

 

先にブッチャーからの完全勝利を実行したのかもしれません。

 

 

うん、猪木ならあり得る笑


◆新日本プロレス 1985年1月25日、徳山市体育館 

・60分1本勝負 

〇A猪木(9分49秒、体固め)A・ブッチャー

 

◆全日本プロレス 1985年2月5日、東京体育館

・PWF認定ヘビー級選手権、60分1本勝負

 

〇G馬場(14分40秒、コブラツイスト)T・J・シン