· 

パーソナルストレッチ②(肩前面)

患者様にうつ伏せになってもらい、術者(私)が患者様の左側にて右手で患者様の右手首を、左手で患者様の右上腕部を把握します。

 

患者様の手首を返し、肘を伸ばしたまま、上肢を後方に挙げていきます。

 

肩前面の所謂「上腕二頭筋」のストレッチとなります。

 

気を付ける点としては、無理矢理行いますと、関節技となり、肩の靭帯を痛めますので、患者様に痛みの有無を十分確認して行うことが重要になります。