· 

パーソナルストレッチ③(脇腹)

ベッドに腰かけた患者様に右手を挙上したまま横向きで寝てもらった状態で、術者(私)が患者様の正面にて右手で患者様の右上腕部に、左手で患者様の骨盤に置きます。

 

患者様の肩甲骨と骨盤を引き離すように、両手を伸ばしていきます。

 

所謂「広背筋」のストレッチとなります。

 

気を付ける点としては、無理矢理行いますと、患者様の肋骨を痛めることになりますので、ゆっくりと両手を伸ばしていきます。