· 

パーソナルストレッチ④(首)

患者様にベッドに仰向けに寝てもらい、術者(私)が患者様の頭部上方で、右手で右肩関節部を固定し、左手で頚椎の上部から後頭部を固定します。

 

そのまま頚椎を左側に倒し(側屈)、次に前に倒します(屈曲)。

 

所謂「僧帽筋下行部」のストレッチとなります。

 

右手の固定位置を鎖骨部に変えたり、首の屈曲角度を変えることで、ストレッチしたい筋肉が胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲挙筋に変わります。